2011年05月12日

中国の視覚障害者への粛清施策がひどい【点字ブロック】

99329__468x_made-in-china-tactile-paving-001.jpg


※点字ブロック:【視覚障害者誘導用ブロック】※
視覚障害者誘導用ブロック(しかくしょうがいしゃゆうどうブロック)は、盲人などの視覚障害者を安全に誘導するために地面や床面に敷設されているブロック(プレート)である。点字ブロックの名でも知られる。ただし、通常の意味での点字は使われていない。なお、安全交通試験研究センターの登録商標第4569872号は、「財団法人安全交通試験(改行)研究センタ−の点字ブロック」であり、「点字ブロック」という登録商標ではない。

三宅精一により発明された。1967年3月18日、岡山県立岡山盲学校に近い国道2号(現:国道250号)原尾島交差点周辺(現:岡山県岡山市中区)に世界で初めて敷設された。[1]
wikipediaより引用



旧時代の恐怖政治みたく障害者を粛清させるとしか考えられない、恐ろしい中国共産党による歩道の施策の数々。
画像を十数枚ほど集めてみましたのでご覧下さい。




99330__468x_made-in-china-tactile-paving-002.jpg

99331__468x_made-in-china-tactile-paving-003.jpg

99332__468x_made-in-china-tactile-paving-004.jpg

99333__468x_made-in-china-tactile-paving-005.jpg

99334__468x_made-in-china-tactile-paving-006.jpg

99335__468x_made-in-china-tactile-paving-007.jpg

99336__468x_made-in-china-tactile-paving-008.jpg

99337__468x_made-in-china-tactile-paving-009.jpg

99338__468x_made-in-china-tactile-paving-010.jpg

99339__468x_made-in-china-tactile-paving-011.jpg

99340__468x_made-in-china-tactile-paving-012.jpg

99341__468x_made-in-china-tactile-paving-013.jpg

99342__468x_made-in-china-tactile-paving-014.jpg

99343__468x_made-in-china-tactile-paving-015.jpg

99344__468x_made-in-china-tactile-paving-016.jpg

99345__468x_made-in-china-tactile-paving-017.jpg

99346__468x_made-in-china-tactile-paving-018.jpg

99347__468x_made-in-china-tactile-paving-019.jpg

99348__468x_made-in-china-tactile-paving-020.jpg

99349__468x_made-in-china-tactile-paving-021.jpg

99350__468x_made-in-china-tactile-paving-022.jpg



穿った見方をすれば障害者を使ってコントでもさせようかと思われる点字ブロックの配置の仕方ですが、普通に見ればどう考えても地面から殺意が見え見えでコレは中共による人口抑制政策の一環かとも思いましたが単なる現場の工事ミスだと思いたいところです。イヤ多分そうなんでしょうけど。

点字ブロックと言えば私にも一つ思い出がありまして、

ある日歩いて通勤していたら前方で何やら二人の人間が口論を。
近付いてきて会話の内容が聞こえるくらいになると、杖をついたサングラスの人間がこう怒鳴っています。


「この点字ブロックの上はワシみたいな障害者が歩くためのモノなんじゃ!
目が見えるヤツはワシの為に道を開けるのが道理じゃろが!」


怒鳴られている健常者のおばさんはどう反応したらいいのかわからずうろたえるばかり。

私はと言えばどんどん近づいていき・・・

そして怒鳴っている障害者に背後からワザと思いっきりぶつかる。

怒鳴っていたオッサンの障害者は突然のことに一瞬ひるんだものの、気にせず通り過ぎようとするに私に向かって

「お前ちょい待てや!」

そして私は首だけを振り向かせてガンを飛ばしながら一言。

「スン↓マセーン↑。
自分目ェ見えないんでそんな風に点字ブロックの上で立ち止まってくれたら非常に迷惑なんですがねェ。」


無駄な厄介事は御免なのでそのまま意に介さずスタコラと職場に向けて歩き続けても結局何もなかったのですがもしもその後オッサンが私を追いかけてきたらどうしようかと内心wktkしてましたが結局何もありませんでした。

脇毛の左、いや若気の至りって痛いですね〜。


カラー版 イラストでわかる視覚障害者へのサポート
定価:¥ 1,575
出版日:2009-03-24
出版社:読書工房
作者:国際視覚障害者援護協会
by amazon通販最速検索 at 2011/05/12

posted by 文次 at 19:07 | Comment(14) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
点字ブロックって日本で発明されたものですよね。
日本以外ではそこまで点字ブロックに積極的ではなかったりするのかな〜と思いましたが、これはただ中国人の意識が薄いだけですね。
Posted by at 2011年05月12日 19:55
これは優しくない点字ブロック
Posted by   at 2011年05月12日 20:36
施工した中国人は点字ブロックの意味とかすらわかってないんじゃねえか?
点字ブロックが蛇行してる道なんて多分その場で作業員が「変わったブロックだからこうするとかっこよくね?」って適当に敷いたんじゃねえかな
Posted by at 2011年05月12日 20:53
DQNの武勇伝は聞くに堪えない
Posted by at 2011年05月12日 21:13
誰かが犠牲にならないと気がつかないのかな?

それとも犠牲になっても気がつかないのかな?

Posted by at 2011年05月12日 22:46
DQN武勇伝とかやめときなよ
Posted by at 2011年05月12日 23:21
ここの管理人ってDQNだったんだな
まぁ記事とかみりゃ分かるか
Posted by at 2011年05月12日 23:45
体験談形式のブログ文は全部実話だってか?
お前らかわいいなw
それはそうとして6枚目のは韓国だな
Posted by at 2011年05月13日 01:27
集めてきたってSankakuから丸写しじゃん
Posted by   at 2011年05月13日 02:11
>そして怒鳴っている障害者に背後からワザと思いっきりぶつかる。

(◕‿‿◕)わけがわからないよ
Posted by at 2011年05月13日 10:02
>体験談形式のブログ文は全部実話だってか?

虚偽なら、DQN過ぎる悪い冗談だわ
Posted by at 2011年05月13日 11:12
なぜ、マンホールの蓋が開いているか?
恐らく盗まれたんだろうね。

人の迷惑は一切考えず、自分の利益を追求するのがこの国の人々の特徴。
Posted by 毒入り食品の国だもの at 2011年05月13日 20:06
 これはとらえ方かもしれません。
 一人当たりGDPが日本の10分の1以下の途上国の道路に点字ブロックなんてものがあるなんて。
 日本では今でも駅のホームから落ちて亡くなる視覚障害のかたが結構いますが、経済大国、先進国日本に転落防止柵が設置されてない駅があるなんて。
Posted by at 2011年05月27日 04:19
「口論を」した
って書き切れよ
ドキュンの武勇伝自慢かーそうかーだたの日記帳だったかぁー。
Posted by at 2014年09月14日 05:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。