2011年04月22日

【メディア】福島原発周辺の状況が報道されない理由【情報統制】

fallout3.jpg


【原発】20km圏外「計画的避難区域」を指定(04/22 11:45)

 福島第一原発の事故で、政府は22日午前に「計画的避難区域」を発表しました。すでに20キロ圏内については22日から立ち入り禁止の「警戒区域」になりましたが、計画的避難区域というのは外側の浪江町、葛尾村、飯舘村の全域と南相馬市、川俣町の一部を指定しました。政府は、この地域の住民に来月末までの避難を求めました。




放射能汚染を恐れてどんどん広がっていく避難区域。
しかし、真のジャーナリスト(笑)ならばそんな事も機に介さず、ずけずけと原発近くに忍びこんで、原発周辺の街の様子とかをリークしているはずだが、私が知る報道の限りではせいぜい周辺の避難場所の取材などがメインで、壊滅的被害を受けたと思われる街の今のありのままの様子を報道したメディアはほとんど無いと思われる。


それは何故か?

被曝する事を恐れてか?
野生の動物に食い散らかされた遺体が映ってしまうのを恐れてか?
昔自爆テロで下半身が吹き飛ばされ上半身だけになって路上に転がる子供の遺体を見開きカラーページで載せた有名ゴシップ誌ですら、愚民の未熟な好奇心を満たすこの惨状をスクープしていない。
理由はいくらでも考えられるが実はもう一つ別の、もっと重要な案件が政府により報道が規制され、メディアも自粛している現状がある。

福島原発事故はむしろ、この案件を隠すカバーストーリーだったのではないかと疑ってしまうほどのちょっと荒唐無稽な、そして現実なら日本中がパニックに陥る可能性が高い話をしてみようと思う。


ちなみに先に言っておくが、これから下は政府関係者にも通じている私の超物知りの知り合いから聞かされた、「ソースを提示せよ」と言われても私ではどうしようもない程の現実味は高いがあくまで可能性の話である。
よって皆さんにお願いしたい。

このエントリを無用に拡散させたり、的確なツッコミはご遠慮願いたい。





■知られずのムショ

福島原発付近には、実は特別な刑務所がある、否、あったと言うべきか。
ちなみに福島県には既に刑務所があるとgoogle先生に聞けば一発で分かるが、そこではなく、もっと海寄りらしい。当然、原発事故による避難区域内である。

その特別刑務所は政府によって住所は隠蔽され、地元民くらいしか壁の向こうの中身が分からないムショらしく、そこには日本全国合計で112〜3人いる死刑確定囚の多数や凶悪犯を収容している悪党の吹き溜まりである。

そのムショも、3/11の震災で甚大な被害を受けたと予想するのは容易な事だが、では中にいる服役囚はどうなるのか?どうなったのか?


刑事施設ニ於ケル刑事被告人ノ収容等ニ関スル法律


↑である。原案は明治時代に作られた"監獄法"。
その中にこんな条文がある。

第二十二条 天災事変ニ際シ刑事施設内ニ於テ避難ノ手段ナシト認ムルトキハ被収容者ヲ他所ニ護送ス可シ若シ護送スルノ遑ナキトキハ一時之ヲ解放スルコトヲ得


全ての常識が失われた状況では、秩序よりもまず自分の命、と考える人は多い。今回の震災がこれである。
避難の手段は無かったと思われる。地震と津波でムショの建物も被害を受けているはずである。すると上の条文が適用される、もしくは指揮系統が混乱した刑務官の隙をついて脱獄できた人間もいるだろうが、恐らく法に従い、

「一時之ヲ解放スルコトヲ得」

法によって堂々と野に放たれる受刑者たち。
しかし、政府はその事を報道しないようにと徹底的に規制をかけている。更なる不安とパニックと政府への怒りを煽ってしまうからである。

ハイジャック事件で「テロに屈した」烙印を押された日本で、今度は国内の無法者が闊歩する状況を知られてはまたしても世界の恥さらしになってしまう。それだけは絶対に避けたいのが日本政府であり、また日本人の国民性でもある。


■2011年=19XX年


しかし、中には勇気を持って避難区域に忍びこみ、街の様子を撮影したりしたメディアもあるだろうが、影の法律によってそれは国民の目に映ることはない。自粛というレベルではない程の危機的状況になっていると思われる。

聞いた話によれば、中に侵入できそうな建物は全て囚人たちによってガラスが割られ、屋内の金品が根こそぎ略奪されているようである。逃走資金ととりあえずの生活資金を手に入れるためである。ゴーストタウン以上に人口密度が極端に減った街中で堂々と盗みを働ける。警官もいない。

原発事故による計画避難区域がどんどん広がっているが、実は放射能汚染を恐れてではなく、囚人の行動範囲が広がったため、とも言われており菅総理や東電は裏の事実を知りながらもグッと押さえて避難者の罵声を浴びていると思われる。





以上、急ぎ足で確たるソースもないままネタのような話をしてみたが、

「あった」という証拠を出すよりも
「可能性はない」という証拠を出す方がはるかに難しい。


報道が規制されている、となれば規制を受けない我々一般国民がネットを通じて本当の様子を中継できるのだろうが、残念ながら原発周辺は今や立ち入り禁止になっている。
その立ち入り禁止区域内に蔓延っている囚人たちは原発事故の状況を知る由もなく、のうのうと彷徨っている訳で、それがもし事情を知っている死刑確定囚であれば尚更のこと、「デス・バイ・ハンギング」されるよりもガンで死ぬ方がまだ人間らしく死ねると思い、居座り続ける可能性は否定出来ない。

特別刑務所の存在・政府による報道規制は確たるソースが無いので突っ込まれればそこでお終い。
今回のエントリは陰謀論とかが好きな中二病の中二な私の妄想だとでも思って頂きたい。
ただ、その可能性は高いと言っていた知り合いにケチは付けたくない(付け難い)話である。

↓福島原発のモデルをゲームの世界観に実際に入れたパッチが公開されてます↓
Fallout 3: Game of The Year Edition (輸入版)
レビュー平均:4.94.9点 (10人がレビュー投稿)
5.05.0点 俺も世界一だとおもう
5.05.0点 これはオブリビオンではない
5.05.0点 終末世界を堪能しよう
メーカー:Bethesda Softworks
カテゴリー:DVD-ROM
概要:こちらの商品は英語版です。(This item is English version)
プラットフォーム:Windows Vista Windows XP
by amazon通販最速検索 at 2011/04/22

posted by 文次 at 21:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地図見てみましたけど、海寄りじゃないですよ。

デマすぎませんか?
Posted by at 2011年04月24日 01:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/197187567

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。