2010年12月10日

"沖縄・石垣市議会議員2人、尖閣諸島上陸"中国BBSの反応



10日朝、尖閣諸島の南小島に沖縄・石垣市議会の議員2人が上陸した。
中山義隆石垣市長は10月21日、「現場で調査する権限があると認識していますので」と述べていた。
10月、沖縄県の石垣市議会は、固定資産税の評価や生態系調査のため、行政区画内の尖閣諸島に上陸することを全会一致で議決した。
仲間 均石垣市議(61)は「国からの回答もありませんから、何かしらの手を打たないとというのが、われわれの考え方ですから」と述べた。
尖閣諸島へ向かったのは、仲間議員と箕底(みのそこ)用一議員(29)の2人。
政府に上陸を認めるよう要求したものの、明確な回答がなかったため、上陸を強行したという。
9日に石垣島を出港した漁船は、石垣島からおよそ170km離れた尖閣諸島付近の海上で一夜を過ごし、10日朝、南小島に接近した。
そして、午前8時50分ごろ、箕底議員が海へ飛び込み上陸した。
その後、2人はかつおぶし工場の跡地などで調査を行ったが、上陸時間はわずか40分。
調査内容について、上陸後、仲間議員は「だいたい20分くらいで、すべて(島は)回って。島はアホウドリが北小島の方に...」と話した。
9月の漁船衝突問題では、逮捕された中国人船長は起訴猶予となった。
今回、上陸した日本人2人に対し刑罰を科すには、より慎重な判断が必要になるとみられる。
仙谷官房長官は午後4時、「現在、海上保安庁航空機および巡視船が現場に行って、状況確認を行っていると聞いております。政府としては、何人たりとも尖閣諸島への上陸は認めないという方針をとっておりますので、それを堅持しているということであります」と述べた。
菅首相は午後5時40分すぎ、「現在、海上保安庁が事実確認を把握しております」と述べた。
これに対し、石垣市の中山市長は、「わたしとしても、一緒に行きたかったぐらいですので、彼らの行動は、しっかり議員としての思いで活動したと確認しています。(中国からの反発も予想されるが?)反発も何も日本の領土ですので、問題ないと思います」と述べた。
仲間議員は「誰が何と言おうが、これはわれわれの使命ですし、中国がどうのこうのっていうことはありません」と話した。
中国側の反応次第では、再び日中間で尖閣諸島が政治問題化することも予想される。
これについて、石原東京都知事は午後5時半すぎ、「いいじゃないですか。どういう目的か知らないけど、何か態度で示さなかったら、このままズルズルズルズルのっとられてしまう」と述べた。



何はともあれ、石垣市議会議員、GJ!ъ(゚Д゚)グッジョブ!!
こう言うズケズケと物を言える政治家が今の日本に必要ですね。

さて気になりますのはやはり中国側の反応・・・
日本では18:00台のニュースで伝えられるとほぼ同時に、掲示板にこの件のスレが立ちました。
以下はまたいいかげんな訳ですがご覧下さい。↓


・日中関係の修復に努力してきたのは中国なのに・・・恥知らずの日本鬼子め!

・海に飛び込んだ濡れネズミが震えてやがるぜ!屁でも食らえ!

・↑俺も参加させてくれ。放屁!

・俺がヤツのケツに蹴りくれてやる!皆見てろ!

・第三次日中戦争になったら、核大国となった我が国が日本を占領し、女共をレ◯プしてやる!あああああ!

・アホ(中共を指していると思われる)の外交姿勢は神すらも見放した・・・

・日本は最早、釣魚島(日本名:魚釣島)に移住する準備をしている

・外務省は抗議しなかったのか?

・お前ら冷静になれ、冷静に・・・コレは何かの前触れだ・・・

WS000000.JPG





最後のイカ娘AAは私がレスしたものです。wwww

石垣島の海塩 石垣の塩200g 「美ら島”沖縄”物産フェアー」開催記念! / 叶ホ垣の塩
石垣島の海塩 石垣の塩200g 「美ら島”沖縄”物産フェアー」開催記念! / 叶ホ垣の塩

posted by 文次 at 20:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 海外の反応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
近所の元、市役所公務員(管理職)から聞いたことです。
内容は下記のとおり。
選挙投票所の投票管理人を何回か仰せつかった経験から言わせてもらいます。
遡る事、約15年くらい前ですが、所謂管理職員が選挙事務の業務を遂行する場合には残業手当(選挙事務手当)、時間外手当については本業の管理職手当てが毎月支給されていた為、本来は支給されない事(条例、規則)に成っているにも関わらず、1時間当たり4000円の選挙事務手当てが支給されていました。
1回の選挙事務(投票事務、開票事務)をする事で、投票事務が朝7時から夜8時で13時間、開票事務が夜9時から深夜12時までで3時間で、合計16時間×4000円=64,000円を頂戴していました。
勿論、昼食、夕食、午前午後の、お菓子飲み物は支給されていました、更には通勤手当ても支給されていました。
私は、妻も同じ職場だったので妻も、64,000円位は支給されていたと聞いていました。
1回の選挙事務手当ては、夫婦で128,000円でした皆様の税金で申し訳ありませんでしたこの場を借りてお詫び申し上げます。
しかし、もっと更には、期日前投票もしていれば、その分の手当ても支給されていた筈ですよ。
選挙事務手当ては、ご指摘のとおり金儲けの手段として、当時の市職員達は皆さん表面上やりたくない仕事といっていましたが本当は自分から進んで選挙事務の依頼を期待していたのでした。
今でも、税金の無駄遣いがあれば是非是正して頂きたく存じます。
選挙には、国政選挙(衆参議員)、都道府県知事及び議会の選挙、市町村長及び議会の選挙があります。
その選挙事務の仕事で、期日前投票、投票所で1日(午前7時〜午後8時まで)働けば、約4万円〜5万円以上貰えるよ
投票日当日も投票所で1日(午前7時〜午後6時まで)働けば約4万円〜5万円貰えます。
更には、投票事務の仕事の他に開票事務(夜間)の仕事もすればプラスα約2万円貰えるよ。
昼夕食事、おやつ付きだから条件は良いのですよ。
仕事にあぶれた方々は喉から手が出るほど欲しい仕事ですね。
選挙の仕事は超割の良いアルバイトだから金儲けしたい方は見逃せません。
ご希望の方は、住所地の選挙管理委員会(各自治体)に問い合わせして下さい。
因みに、夫婦で或役所の職員は夫婦2人で投票事務と開票事務をしたので1回の選挙事務手当てを夫婦合わせて約26万円貰った輩がいたと役所の知人から聞いたよ。
期日前投票の選挙事務で1日で1人約64000円ですから夫婦で128000円貰えますが、投票日の選挙事務でも1日で1人64000円ですので夫婦で128000円貰えるのですよ。
資金の出所は国・都道府県・市町村だから誰も文句は言わないので安心ですね。
追伸、でもニートは働かないので貰えませんね。
 監査員は何をしているのですかね、職員達の選挙事務手当金を支給しないで代休にすれば済むことですし、選挙事務従事者は一般公募すれば人件費の無駄遣いは削減できますよ。
追伸、国政選挙は大盤振る舞いを総務省が交付金として各地方自治体(例えば千葉県では香取市他市町村へ)国民から搾り取った尊い税金をばら撒いていますよ。其のばら撒かれた税金が市町村職員達の選挙事務手当てに化けているのですよ。これは本当の話ですよ、馬鹿な?国民達へは何も知らされていないのですよ。
Posted by 内部告白 at 2013年09月12日 20:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172748136

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。