2009年02月20日

今話題の電子タバコを購入してみた

タイトル通りです。
今話題の、禁煙補助剤として脚光を浴びている

「電子タバコ」

と言うのを購入してみました。

電子タバコ通販 Blue cig japan
http://jpstore.bluecig.cn/

とりあえず、自分ですってみた様子をデジカメ等で撮影したものを
ニコ動にうpしてみたのでそれをご覧下さい。↓




購入内容は、基本セットに合わせて
ニコチン入りのカートリッジ、予備のバッテリとアトマイザー、
〆て1万数千円なり。
コレで半年以上はもつ・・・らしいですが
やはりそこはヘビースモーカーである私。
物足りなさを感じざるを得ません故、マジタバコと兼用しつつ、徐々にマジタバコの本数を減らしていくしかありません。

「ガツン」とこないんですよね。
確かに電子タバコでも煙に似せた水蒸気のモワ〜は出ますが、
ニコチンを摂取するために肺まで深く吸い込むと、
出てくる水蒸気は微々たるもので、「吸った」と言う気分になれません。
まぁコレも慣れていくしかないんでしょうけど。

ですので電子タバコビギナーたる私は電子タバコ1:マジタバコ:3くらいの割合でニコチン依存を我慢しています。

この電子タバコ、日本の雑貨屋などでもこっそり売られていたりもしますが、所詮はまがいものですので、ホンモノ(御幣がありますが)には作りも味わいも到底及びません。

ではホンモノとは?
実はこの電子タバコ、特許を持っているのが何でもあの特許ブッチギリ無視大国の中国だそうで、そこで販売・製造しているのが現時点で最も安定した作りになっているそうですがそもそも全てのルーツが中国と言う辺り、とてつもなくグレーゾーン真っ只中のモノとしか捉える事が出来ないのですが、心配無用かと。

実際その通りですから。

ですが先に挙げた、私が輸入代行をしてもらった販売代理店曰く、
「ココ最近で最も性能・作りに安定性のある商品」
らしく、それを裏付ける証拠としては、まず

・ここのショッピングサイトの管理人が2chでの意見を参考にサイトを開いた

褒める事があってもついつい疑いの目を向けてしまう掲示板ですが、
いざけなすとなると物凄い信憑性を醸し出す2chにおいて、さほど文句q( ゚д゚)pブーブーブーq( ゚д゚)pブーブーブーの意見が少なかったと思われるのが私の購入したM401です。

・サイト管理人がブログで裏話や本音を語っている

普通は自サイトでモノを販売する際は、扱う商品には細心の注意を払って不具合を煙に巻くものですが、ここではブログ(チラシの裏)にて文句や謝罪の言葉を書き連ねている辺り、反って信頼が持てます。

実際、私が注文した商品が中国クオリティで出荷ミスが発生しても、
それを隠すことなくお詫びを入れている辺り、私個人は好感が持てます。

・・・・・・・・まぁ。ただ、
未出荷分が後日到着した際、梱包の中に一緒にお詫びの印として中国産の妖しい花茶が入っていたのはまだいいとして、重さ約2kgほどのヤケにツルツルした石が入っていたのは一体何の意味が?
色々考えてみましたが恐らく時間と脳内物質の無駄遣いになるのでやめました。


今はまだ商品のラインナップは少なく、しかも在庫切れの状態が多いですが、この先マジタバコが法令で一箱\500の時代が来るのはほぼ確定らしいので、需要も増え、さらに電子タバコ市場は拡大の一歩を辿るものと思います。

JTという厚い壁はありますが、国民の安全と健康と言う観点から、
電子タバコが国内でも製造・販売される事を祈る文次なのでした。




posted by 文次 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。